スマホ版に切り替え

HOME -> 男の潮吹き 方法 -> 京都で体験した、男の潮吹きの方法

京都で体験した、男の潮吹きの方法

わたしは40代で独身ということもあって風俗の経験は多いのですが、最近はちょっと飽きがきていました。 そこで新しい体験をしてみたいと思い、京都に出張に行った時に普段なら行かない痴女M性感のお店へと足を運びました。 アブノーマルプレイをするなら、万が一を考えて地元はなるべく避けたほうがいいかなという判断です。


やったプレイは男の潮吹きと呼ばれるものです。 これは通常の射精のあとにローションを使いながら際限なく男根を刺激されていくという方法です。 射精したあとなので出るものも出ない感じですが、しつこくやられていくと快感は感じて出したいのに出せない、そんな感覚が続いていくうちにカウパーだけぴゅっと出て行く、そんな感じです。


射精感による快感自体はあまりないんですが、こすられているときに延々と快感が続いていく感じで、ドライオーガズムなんかとも近いんじゃないかと思います。 普通は射精とともに快感が終了するので男性は長時間快感を味わうことは少ないわけですが、これにより女性のオーガズムに近いものが体験できるでしょう。 また機会があればやってみたいです。


カテゴリ: 男の潮吹き 方法